N.S.S Buzz Circle

よくあるご質問
お客さまの声

ブラシのお手入れはどうすればいいの?

Q.ブラシのお手入れ方法を教えてください。 

A.毎日ブラッシングを行う場合には、週に3日程度(少なくとも週に一度)は
 ブラシ毛を石鹸で洗いましょう。
 抗菌石鹸(ティーツリーソープなど)を溶いたお湯でよくすすぐとさらに清潔になりますよ。

※ブラシの除菌にはBYON(ビヨン)水がおすすめです。


■木の部分は天然素材で、コーティング剤などの化学薬品を一切使用しておりません。
 水に弱いので劣化や割れを防ぐため、容器に水をためて毛だけをすすぐなど、
 できるだけ木の部分が濡れないように洗いましょう。

■炎天下での天日干しは、ひび割れを起こす場合がございますので避けてください。
 冬場の暖房がきいた部屋での乾燥も避けることをおすすめいたします。


ブラシ



ドライ・デトックスブラシセット 敏感肌でも大丈夫?

ドライ・デトックスブラシセットについて
こんな質問をいただきました。

Q.ドライブラッシングに興味があり、購入しようと思っています。
  敏感肌の私でも、ブラッシングしても大丈夫でしょうか?



A.皮膚炎、発疹など、皮膚のトラブルがなければ
  ドライブラッシングは可能ですが、最初からいきなり全身ではなく、
  まず脚だけ、手だけというように部分的に、やさしく短時間、
  少しづつおこなって肌を慣らしていくといいでしょう。
  皮膚にキズや炎症がある場合、アトピー性皮膚炎などの方はお控えください。


  * * * 

ドライブラッシングの手順など、商品とご一緒に
イラストつきの説明書をお送りいたしますので、ぜひご参照くださいね。

わからないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ドライブラッシングとマッサージの効果をあげるために

Q.ドライ・ブラシ&アロマを購入しました。
  ドライブラッシングとマッサージの効果をあげるために、
  おすすめのケアはありますか?



A.ドライブラッシング&マッサージをはじめる前に、
  鎖骨のくぼみを右手の指2本を使って、左側のくぼみにあて、
  首にむかって、指をスプーンでやさしくすくう感じで7回ほどマッサージ。
  反対の手で、反対側も同じようにマッサージをしてあげるといいでしょう。


  ※くわしくはコチラをご参照くださいね。


  brush-set02_20111107094337.jpg
  【ドライ・ブラシ&アロマセット】

BYONで、ドライブラシをお手入れするいい方法は?

Q.BYON濃縮タイプお徳用10リットルを愛用しています。
   
  ドライ・デトックスブラシも愛用しているので、
  定期的なブラシのお手入れとして
  BYONを使って清潔に保つ方法はありますか?



A.ブラシを清潔にたもつために、週2~3回、
  石鹸で洗うよう、お手入れ方法に記載しておりますが
  
  BYONを使ってのお手入れ方法として、

  通常のお手入れのあと、スプレー用に希釈したBYONをブラシにスプレーしたり、   
  または、お湯にBYONを入れ、ブラシの毛の部分を洗うといいでしょう。
  
  ( 希釈の目安:3~4倍 )

  洗ったら、通常のお手入れと同じように
  天日か風通しのいい場所でブラシ部分を下向きに干して

  しっかり乾かしてから、ブラシをご使用くださいね。

入浴中のブラッシングでは効果がないの?

Q.なぜ、乾いた肌をブラッシングしたほうがいいの? 
  入浴中のブラッシングでは、効果がないの?



A.ドライブラッシング=乾いたブラッシングという意味ですね。

  植物性の天然の毛をつかって乾いた肌をブラッシングすることで、
  老化角質の剥脱、および、リンパや血流の改善に
  ベストの効果が期待できるのです。

  ブラシの毛が濡れていると、柔らかくなりすぎて、
  乾いた状態でつかうようには機能してくれないからです。
  ドライブラッシングは、入浴前、乾いた肌を掃くように、
  足先から、顔・バスト・デリケートゾーン以外の全身をまんべんなく
  ブラッシングすることといいでしょう。

   brush-set01.jpg
     【ドライ・デトックスブラシセット】

 ※ドライブラッシングの手順はコチラをご参照ください。